無料で簡単にホームページ作成!おすすめサービスを比較

スポンサード リンク

制作会社に頼まなくても自分でホームページを作成できるサービスが増えてますね。しかも無料で簡単なので、ホームページの作り方を知らない初心者や入門者には特におすすめのツールです。

また、Webサイトやブログだけでなく、お問い合わせフォームなども簡単に作ることができるので、お店や会社のホームページ作成にも最適!

今回はそんなおすすめサービスの機能を順番に比較していきます。なお、料金プランとしては初期費用も月額も完全無料のサービスからお試し期間(◯日)だけ無料のサービスなど色々なパターンがあります。

Wix

Wix

Wixの機能とプランの比較

無料プラン 有料プラン
初期費用 無料 無料
月額料金 無料 416〜2,533円
プランによる
サーバー容量 500MB 500MB〜20GB
プランによる
商用利用
広告表示 △プランによる
独自ドメイン ×
オススメ度 ★★★☆☆3 ★★★☆☆3

Wixは無料プランがあるホームページ作成サービスとして有名です。500種類以上のデザインテンプレートが用意されているので、飲食店、カフェ、ヘアサロン、音楽教室など様々な業種のホームページが実際にWixで作成されています。

更にブラウザ上で簡単に画像やボタンのレイアウトを変更したり、テキストを編集することができます。

なお、自動で表示されるWixの広告を非表示にしたり、独自ドメインを利用したい場合は有料プランになります。

Wix 公式サイト

グーペ

グーペ

グーペの機能とプランの比較

無料お試し期間:15日間

通常プラン DXプラン
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 1,000円 1,500円
サーバー容量 1GB 5GB
商用利用
広告表示
独自ドメイン
オススメ度 ★★★★★5 ★★★★★5

グーペには無料プランがありませんが、お試し期間(15日)の間は無料で利用することができます。

無料サービスはいつサービス終了になるか分からない…という不安がありますので、有料プランだけに絞ってあるグーペは「お店や会社のホームページ」を作成するために利用されることが多いです。

またデザインテンプレートも清潔感があってオシャレなデザインものが多く、ほとんどのテンプレートがスマホ対応になっています。

グーペは特に飲食店・美容院・ネイル・エステサロン・整体院などに力を入れている印象です。

グーペ 公式サイト

Jimdo(ジンドゥー)

Jimdo(ジンドゥー)

Jimdoの機能とプランの比較

フリー プロ ビジネス
初期費用 無料 無料 無料
月額料金 無料 945円 2,415円
サーバー容量 500MB 5GB 無制限
商用利用
広告表示
独自ドメイン ×
オススメ度 ★★★☆☆3 ★★★★☆4 ★★★★☆4

Jimdo(ジンドゥー) のフリープランは無料でホームページを作ることができます。プランや機能がWixと似ていることから、ネット上ではよくWixと比較されているのを見かけます。

レイアウトの変更やカスタマイズも簡単なので、とりあえずWixと両方のアカウントを作成し、しばらく管理画面を使ってみて使いやすい方を選択するのも1つの方法だと思います。

Jimdo(ジンドゥー) 公式サイト

おちゃのこさいさい

おちゃのこさいさい

おちゃのこさいさいの機能とプランの比較

無料お試し期間:30日間

ベーシック アドバンスド
初期費用 無料 無料
月額料金 850円 1,700円
サーバー容量 500MB 無制限
商用利用
広告表示
独自ドメイン ×
オススメ度 ★★★☆☆3 ★★★★★5

おちゃのこさいさいはグーペと同じく無料プランはありませんが、お試し期間(無料で利用できる期間)が30日もあります。

また公式サイト上に “お店がホームページを簡単に作成できるように考えました” とあるように、お店(飲食店、美容室、エステサロン、病院…)に必要な機能が一式揃っています。

  • クーポン発行
  • カレンダー
  • スタッフ紹介
  • SNS連携
  • アンケート
  • ブログ
  • Googleマップ
  • スマホ対応
  • アクセス解析

など、お店や会社のホームページに必要な機能が満載ですので、グーペと同じく有料でもおすすめできる作成サービスになってます!

おちゃのこさいさい 公式サイト

スポンサード リンク

Ameba Ownd(アメーバ オウンド)

Ameba Ownd(アメーバ オウンド)

Ameba Owndの機能とプランの比較

無料プラン
初期費用 無料
月額料金 無料
サーバー容量 無制限
商用利用
広告表示
独自ドメイン
オススメ度 ★★★★☆4

Ameba Ownd(アメーバ オウンド)は(この記事執筆時点で)無料プランのみとなっています。

「Ameba」の名前の通り、アメブロと同じサイバーエージェントが運営しているホームページ作成ツールなので、アメーバIDがあればそのIDでログインしてすぐにサイトを作り始めることができます。

また、オシャレなデザインテンプレートが多く、アクセス解析やSNSとの連携など無料サービスとしては十分な機能が揃っています。その中でも一番のメリットは無料で独自ドメインを利用できることです。

逆にデメリットとしては無料プランしかないため、ヘッダーやフッターに表示される広告(Ameba Owndのロゴやリンク)を消すことができない点です。そのため、お店や会社のホームページを作る場合には注意が必要です。

Ameba Ownd 公式サイト

BiNDクラウド

BiNDクラウド

BiNDクラウドの機能とプランの比較

エントリー プロ ビジネス
初期費用 無料 無料 無料
月額料金 初年度無料
2年目以降480円
2,980円 9,800円
サーバー容量 1GB 300GB 1TB
商用利用
広告表示
独自ドメイン ×
オススメ度 ★★★☆☆3 ★★★★☆4 ★★★☆☆3

BiNDクラウドは、Web制作の知識がない初心者がオンライン上で簡単にホームページを作成できるサービスになっています。特に他のサービスと違う点は、7つの質問に答えるだけでおすすめのサイトを提案してくれることです。

デザインテンプレートも200以上用意されていて、PCサイトと別でスマホ専用サイトを作らなくても大丈夫なデザイン(レスポンシブデザイン)にも対応しています。

BiNDクラウド 公式サイト

FC2ホームページ

FC2ホームページ

FC2ホームページの機能とプランの比較

無料版 有料版
初期費用 無料 無料
月額料金 無料 300円
サーバー容量 1GB 10GB
商用利用
広告表示
独自ドメイン オプション オプション
オススメ度 ★★☆☆☆2 ★★★☆☆3

FC2ホームページはいままで紹介してきた作成ツールとは違い、レンタルサーバーを借りるのに似たサービスになってます(Webサーバーのスペースを提供してくれるサービスです)。

そのため、ブラウザ上でキーボードやマウスを使ってホームページを作っていくのではなく、FTPやファイルマネージャーを使ってWebサイトのデータ(HTML・CSS・画像など)をアップロードする形式になります。(初心者や入門者には少し難しいかもしれません)

FC2ホームページ 公式サイト

比較表の各項目について

初期費用

サービス申し込み時に最初だけ必要な費用のことです。

月額料金

毎月必要な費用のことです。金額を月額で表記していますが、サイトによっては年払いの所もありますので事前にチェックしましょう。また、6ヶ月や12ヶ月といった長期契約をすることによって割引きになるプランもあります。

サーバー容量

サービスやプランによってホームページのデータをどれくらい保存できるかが違ってきます。特に画像などを大量にアップロードするようなサイトを作りたい場合は、サーバー容量にも注意してください。(普通に使う分には足りなくなるということはないと思います)

商用利用

お店や会社のホームページを作りたい場合、まず確認したいのが「商用利用可能かどうか」という点です。有名な所ではアメブロの利用規約に商用利用禁止の記載があります。この場合、ビジネスで利用しているといきなりアカウントを停止(削除)されても文句は言えません。

なお、今回ご紹介したサービスは全て商用利用可のものばかりです。

広告表示

無料プランや格安プランの場合、ページの上部や下部に広告(そのサービスのロゴやリンク)が表示される場合がほとんどです。個人サイトであれば気にならないかもしれませんが、お店や会社であればあまりイメージが良いとは言えません

多くの場合、上位プラン(有料プラン)を選択することで広告を無し(非表示)にすることができます。

独自ドメイン

独自ドメインとは、このサイトで言うとringoame.netというURLの最初の部分です。インターネット上の住所のようなもので、Webサイトごとに異なる名前(ドメイン名)が付いています。

ホームページ作成サービスの場合、ほとんどの無料プランではそのサイトのドメイン(サブドメインや共有ドメイン)しか選べません

しかし、お店のブランディングを考えた場合、独自ドメインが使えるプランを選ぶことをおすすめします。更に長期的に見ると、独自ドメインの方がSEO対策(検索エンジン対策)やアクセスアップに対して優位性があると言えます。

なお独自ドメインを利用するためには、別途下記のような独自ドメイン取得・契約サービスを利用する必要があります。

まとめ

個人的なWebサイトを作りたいのであれば、無料プランの中からデザインや使い勝手が良いサービスを選択すれば良いと思います。

しかし事業用のホームページを作成したいのであれば「無料か有料か」で決めるよりも「広告表示」と「独自ドメイン」についてのメリットとデメリットを検討してからプランを選択することをおすすめします。

この点を比較した場合、お店や会社のホームページとして最もおすすめできるサービスは「グーペの通常プランになります。