楽天市場|出店方法の流れ(資料請求から審査・必要書類など)

スポンサード リンク

今回は楽天市場へ出店する方法として申し込み手続きから開店するまでの流れを順番に解説していきます。資料請求の方法や、開業に関する問い合わせ先(電話番号・メールアドレス)、審査内容や提出する必要書類などを一覧にまとめてみました。

資料請求

まず資料請求の方法ですが「楽天市場公式サイトの資料請求ページ」から情報を送信するだけです。

資料には出店方法に関する内容だけでなく、売上げアップのノウハウや成功事例なども載っていますので、実際に出店するかどうかは別として資料を貰うだけでも損はないでしょう。なお資料の形式としては「PDF版」と「郵送版」があり、PDF版ならWebからダウンロードできるので、すぐに見ることができます。

ちなみに、法人や個人事業主だけでなく、開業していない個人でも資料請求することができます

Webから出店の申し込み

出店の申し込みはWebから行います。「楽天市場公式サイトの出店申込ページ」から会社情報(個人事業主の情報)を送信することで、出店の申し込みは完了です。簡単ですね。

個人や個人事業主でも出店は可能?

前述の資料請求は「開業していない個人」でも可能でしたが、出店申込は「法人・もしくは個人事業主のみ」となっています。

問い合わせ先(電話番号・メールアドレス)はある?

楽天市場への出店に関して質問や相談がある人に向けて「新規出店窓口」という問い合わせ先が用意されています。こちらの窓口に電話番号やメールアドレスが記載されてますので、出店前でも気軽に問い合わせすることができます。

出店審査

出店の申し込みが完了すると、楽天市場による出店審査が始まります。審査対象は出店申込ページから送信した情報だけではなく、最終的に各種書類の提出も含めて審査結果が決まります。

なお出店審査に関しては、

出店審査の結果によっては、出店をお断りさせていただく場合もございます。その際の審査結果の理由・基準等は一切公表しておりません。
(出典元:出店審査や取扱商材に関する注意事項

との注意書きがある通り、審査内容の詳細に関しては公表されていないようです。

必要書類の提出

出店手続きはWeb上の申し込みだけで完了する訳ではなく、楽天市場からの案内に基いて各種書類の提出が必要となります。提出する必要書類の内容については「出店審査や取扱商材に関する注意事項」にも記載されていますが、法人 or 個人事業主によって多少違っています。

楽天市場の公式サイトを参考に必要書類を一覧にすると、

  • 出店申込書
  • 審査書類
  • 取扱商材の販売に当たって必要な営業許可・資格等の書類
  • 商材の写真
  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  • 住民票・印鑑証明書(※個人事業主の場合)
  • 実店舗の写真(※個人事業主の場合)

などが必要とされています(開業方法や取扱商材によって必要書類が異なります)。

店舗運営システムRMSのアカウント開設

必要書類の提出が終わり、出店審査に通れば楽天市場によって「店舗運営システム(RMS)」のアカウントが開設されます。RMSというは、楽天市場に出店するショップに向けて用意されているツールで、ネットショップの作成・運営に欠かせない機能が搭載されています。

少しだけRMSの機能を見てみると、

などです。無事出店審査に通りこのRMSのアカウントが開設されると、Web上でRMSにログインできるようになります。

RMSで楽天市場にお店を作る(開店準備)

さて、いよいよ楽天市場の中にあなたのネットショップを作成していきます。お店を作る作業には、前述のRMSの店舗構築機能を使います。

ネットショップ初心者の場合、お店を作る作業には不安があるかもしれませんが、RMSの画面の指示に従って作業を進めていけば大丈夫です。ホームページなどの知識がなくてもお店を開設できます。もし、途中でRMSの操作方法が分からない…ということになっても、年中無休のコールセンターがサポートしてくれるのでご安心ください。

なお、店舗構築の基本的な流れとしては下記のような感じになります。

  • カテゴリを作成する
  • 商品登録をする(商品ページを作る)
  • ショップ全体をデザインする
  • トップページをデザインする
  • 会社概要などのページを作る

また、パソコン版のページに商品を登録すれば、自動でスマートフォン版にも反映されます。

決済方法や配送手段の準備・手続き

開店準備と同時に進めていく必要があるのがネットショップの「決済方法」や「配送手段」の準備・手続きです。

楽天市場で用意されている決済システム

楽天市場では様々な決済システムが用意されています。出店契約時に同時に申込(審査)が必要な決済サービスもあります。

R-Card Plus(クレジットカード自動決済処理機能)

クレジットカード決済のためのシステムです。出店者側が別途クレジットカード決済代行サービスなどを契約する必要はなく、R-Card Plusによりクレジットカード決済が利用可能となります(※出店審査時に各クレジットカード会社の審査も同時に行われます)。

楽天マルチ決済サービス

様々な電子マネー決済やコンビニ決済を利用できるようになるサービスです。手数料などは決済方法によって変わりますが、

  • コンビニ決済
  • ペイジー決済
  • 楽天Edy
  • Suica
  • iD
  • auかんたん決済
  • 銀聯
  • Alipay

などでの支払いを可能にできます。

楽天バンク決済

お客様が楽天銀行の口座を持っている場合、通常の銀行振込よりも簡単に決済手続きができる方法です。出店者側はRMS内で入金確認ができます。

その他

代金引換や配送手段(発送方法)は出店者と運送会社との契約になるので、早めに運送会社に問い合わせて契約を進めておきましょう(楽天市場で用意されている配送サービスもあります)。

開店前審査(オープン審査)

店舗の出店準備(ショップ作成・決済方法の手配など)が全て整ったら、最後に楽天市場による開店前審査(オープン審査)があります。これは実際にお店を開店して問題がないか。ページ上に必要な表記がされているか。などをチェックされます。

と言っても、修正が必要な箇所があればきちんと教えてもらえるので、それに従って修正すれば良いだけです。審査といっても怖いものではありません。

【開店】運営スタート

開店前審査(オープン審査)を通過すると、祝!出店完了です!

初めての人であれば、楽天市場内に自分のお店が開店するのは、かなり興奮すると思います(笑)。
でも本番はここからです。集客や顧客対応といった運営作業のスタートになります!

なお、運営がスタートしてからも楽天市場のECコンサルタント(担当者)が付いてくれますので、分からないことがあれば何でも聞くことができますし、アドバイスも貰えます。

資料請求はこちら

出店申込はこちら